イベント情報


「私の作曲の原点は高野との7年間にある」と船村徹に言わしめた高野公男。


「別れの一本杉」「「男の友情」など、多くのコンビ作品を遺した、船村徹と高野公男の友情とその作品を

船村徹の内弟子五人がしみじみと語り、歌いあげます。

  

  出演:鳥羽一郎・静太郎・天草二郎・走裕介・村木弾(内弟子五人の会) 

     特別ゲスト/松原のぶえ

     演奏:仲間たちバンド・司会:荒木おさむ

                  ■ 

       日時:2019年9月23日(月・祝)14:00開演(開場13:30)

       会場:ザ・ヒロサワ・シティ会館大ホール(茨城県立県民文化センター)

       料金:S席6,500円 / A席5,500円

  お問合せ:ヒロサワ・シティ会館 ☎029-241-1166 茨城放送企画事業部 ☎029-243-4111

船村徹同門会事務局でもお申込を受け付けております。☎050-7109-1720✉doumonkai2766@gmail.com   

高野公男・船村徹 男の友情

昭和24年、17歳で音楽の道を志し上京した船村徹が東洋音楽学校(現 東京音楽大学)で出会ったのが、

2歳年上で茨城出身の高野公男だった。同じ訛りの北関東出身者同志はすぐに意気投合をする。

今に日本中を二人の歌で埋めるんだと夢を語り合う毎日。高野の詞に船村が曲を付け、

二人の作品はどんどん増えて行ったが、レコード会社に売り込みに行ってもなかなか採用されず、

アルバイトをしながらの苦しい日々が何年も続く。

ようやくチャンスが訪れ、「別れの一本杉」が大ヒットしたのは昭和30年のことだった。

しかし、ようやく二人の時代が来ると喜んだのもつかの間、高野は結核で倒れて入院してしまう。

船村は治療費を稼ぐため、高野と二人揃ってというのを条件にコロムビアの専属となり、精力的に仕事をした。忙しい仕事の合間を縫って水戸の病院へ高野を見舞っていたことは言うまでもない。

夢にまで見たレコード会社の専属になった高野だったが、昭和31年9月8日、びっしり書き込んだ3冊の作詞ノートを枕元に遺し、26年の短い生涯を閉じた。

高野の母からこの作詞ノートを託された船村は、これからも二人の作品を世に出していくことを亡き友に誓った。その誓い通り多くの作品がレコードになって残っている。

二人の交流はたった7年間だったが、船村は高野を生涯の友として、どんなに忙しくても毎年の命日の墓参を欠かさず、節目節目の追悼コンサートを行ってきた。

平成28年9月、84歳の船村は「これを最後の節目の供養にする」と、

高野公男没後60年祭「友情無限」と銘打ったコンサートを、高野の故郷、茨城の水戸で開催。

自らの心臓の大手術後にもかかわらず、北島三郎、鳥羽一郎と共に「男の友情」を唄い、会場の涙を誘った。

そして、安心したかのように船村が天国へ旅立ったのは、コンサートからわずか5か月後のことだった。

           

           主催 茨城放送 イベントページはこちら

船村徹内弟子五人の会による、~船村徹を歌い継ぐ~「演歌巡礼」日光#3は

6月12日(水)日光市船村徹記念館に隣接の多目的ホールに於いて行われた。

会場には、船村メロディーをこよなく愛する人達が、地元日光はもとより県内外からも大勢詰めかけて、

船村作品の数々と鳥羽一郎と弟弟子たちの爆笑トークを楽しんだ。

男ばかりのこの会の毎年の楽しみは、女性歌手の特別ゲスト。今回は瀬川瑛子が特別参加。独特のトークで会場を沸かせ、ヒット曲「命くれない」の他、競作「矢切りの渡し」などを歌って、文字通り華やかに花を添えた。

この演歌巡礼コンサートは、毎年船村徹の誕生日である6月12日に、生まれ故郷の日光で開催されるもの。

帰りがけに、来年の予約をしたいという人もいるほど定着してきている。

鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾ら「内弟子五人の会」はステージの合間に

東京からの取材陣や、地元のメディアの囲み取材を受け、それぞれ師匠への思いを熱く語った。

        左から 村木弾、天草二郎、鳥羽一郎、静太郎、走裕介

     同日から船村徹記念館で始まった「愛弟子『北島三郎』展」会場で。

       日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館はこちら

「北島よ、我々が命をかけて紡いだ歌を枯らすな・・・」

この言葉を託し船村が天国へ旅立ったのは、わずか四か月後だった。


6月12日(水)、日光市の船村徹記念館で、令和最初の企画展、愛弟子「北島三郎」展が始まった。

歌謡界の大御所北島三郎が師とも父とも仰ぐ船村への思い、北島の実力を見抜いた船村が、ロック全盛の時代に王道の演歌でデビューさせるまでの苦労話や、ヒット曲にまつわる秘話を紹介するこのパネル展は、12月27日(金)まで開催される。

期間内で展示物の入れ替えもあり、何度行っても新しい感動を味わえそう。

会場では筆を持っても達筆な北島の直筆の文字や、あのゴールデンサブちゃん像の実物が早くも人気を呼んでいる。

             燦然と輝く「ゴールデンサブちゃん」

     日本のこころのうたミュージアム 船村徹記念館はこちら

6/12(水)に開催される『~船村徹を歌い継ぐ~「演歌巡礼」日光#3』は、去る5/11にチケットを完売のお知らせをいたしましたが、この度、第1部・2部共に若干名の追加発売をさせて頂くことになりました。

お買い求め頂けなかった方はチャンスです。是非同門会事務局へお電話、メールでお申し込み下さい。

船村徹同門会・「内弟子五人の会」事務局
☎︎050-7109-1720(山路)
✉︎doumonkai2766@gmail.com


★第1部.第2部共にチケット完売!★

皆様のお陰で、今年も満席となりました。ありがとうございます。
お買い求め頂けなかった皆様、誠に申し訳ありません。
このコンサートは来年も開催の予定ですので、どうぞ次回はお早めにお申し込み下さいませ!
船村徹同門会・「内弟子五人の会」事務局
☎︎050-7109-1720
✉︎doumonkai2766@gmail.com

     ★チケット発売開始は4月20日(土)★

今年も日光に内弟子五人が帰ってくる!

鳥羽一郎 静太郎 天草二郎 走裕介 村木弾ら5人で結成する「船村徹内弟子五人の会」は

師匠の没後、毎年精力的に各地に足を運び、船村メロディーの継承に努めてきました。

そして今年も、6月12日の 師匠の故郷日光でのコンサートを皮切りに「演歌巡礼」の旅がスタートします。

地元日光をはじめ、県内外から首都圏、遠くは北海道や九州から駆け付けて下さる皆様に支えられ、

3回目を迎えた今回のコンサートは、特別ゲストに瀬川瑛子さんをお迎えして

歌にトークに、華やかで楽しいステージをお送りいたします。

コンサートチケットは船村徹記念館の入館券付。同日よりスタートする特別企画展も併せてお楽しみ下さい。 船村徹記念館の詳細はこちらから

■日時:2019年6月12日(水)第1部13時開演(12:30開場)/ 第2部16時開演(15:30開場)

■料金:¥6,000(税込)<全席指定>船村徹記念館入館券付き

■会場:〒321-1261栃木県日光市今市719-1 JR 今市駅・東武 下今市駅徒歩5分

    道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣・多目的ホール

■発売開始日:2019年4月20日(水)(各後援会・ファンクラブは先行発売あり)

■お申込・お問合せ:日光街道ニコニコ本陣 指定管理事務所(毎週火曜日休館日)

    コンサート事務局 ☎0288-25-7771(9:00~17:00)

    船村徹同門会事務局 ☎050-7109-1720   ✉ doumonkai2766@gmail.com

■主催:船村徹内弟子五人の会 

■共催:日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館


音楽プロデューサー 小西良太郎氏が、半世紀にわたる深い親交の中で知った作曲家船村徹の素顔と、

ヒット曲にまつわるエピソードを、1年間下野新聞に連載したもの。

日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館では、下野新聞の協力を得て連載全話を紹介する回顧展を開催。関連した実物資料も展示されている。

        ■会期2月13日(水)~5月27日(月)毎週火曜日定休


★小西氏の独特の文章は読者の大きな共感を呼んで、連載終了を惜しむ多くの声が寄せられたため、下野新聞は4月から1年間、第2・第4水曜日に続編が掲載されることを決定!第1回目は4月10日(水)に掲載される。

 

2019年2月16日(土)グランドプリンスホテル高輪で作曲家船村徹先生の三回忌が行われました。

音楽評論家 小西良太郎さんが洒脱な語り口で宴をすすめ、北島三郎、五木ひろし、大月みやこ、島津亜矢さんら歌手の皆さんや、作詞作曲家、業界の人達が思い思いに先生との思い出を語り、在りし日の先生を偲びました。30年以上にわたって演歌巡礼のステージで先生の演奏を務めた「仲間たちバンド」のコメントや、家族ならではの先生の素顔のエピソード披露に、会場は温かい笑い声に包まれました。

終盤には内弟子の静太郎・天草二郎・走裕介・村木弾さんらがBOXをもって回ると、先生の形見の品が当たる抽選と分かった開場は大盛り上がり。それぞれがスーツや帽子、ぐい飲みなどを大事にかかえての散会となりました。

古賀政男音楽博物館けやきホール【ミュージアム講座】第23回目には船村先生が紹介されます。       講師は半世紀以上にわたって親交のあった音楽評論家小西良太郎さん。

出演は鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の内弟子5人。そしてレコーディング、テレビ、ステージなどで、いつも先生の演奏を務めてきたギタリスト斉藤功さん。ごく身近にいた人達だからこそ知る、貴重な話を聴くことが出来るのではないでしょうか。

     ■お申込・お問い合わせはこちら 古賀政男音楽博物館 まで。

  ■申込締切日:10月29日(月)  ■予選会当日:11月7日(水)14時~16時  

世の中にはいろいろなジャンルの歌が現れては消えて、目まぐるしく移り変わっていますが

昭和世代には心の中に何十年間も流れている、忘れられないメロディーがあります。

これまでどれだけ多くの人々がそれぞれの思いに合った歌を口ずさみ、

辛いことや苦しいことを希望に変えてきた事でしょう。

「演歌は日本人の血液、日本人が日本人である限り途絶えることはない」という船村先生が生涯に遺した作品は6,000曲とも言われ、戦後の混乱期から平成の時代まで、人々の心に寄り添い続けてきました。

先生の没後、船村徹記念館では「船村メロディーを歌う会」を開催する事が決まりました。

特に記念館来場者には毎月予選会を設け、上位5名が来年2月に開催予定の本選に出場権を得られます。

ぜひご応募ください。

     ※以後の予選会日程や、申込方法など、詳しくは記念館ホームページ

      または「船村メロディーを歌う会」事務局☎0288-25-7771 まで。






日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館 / 船村徹ふるさと会  共同企画

船村徹記念館では10月5日より、作曲家船村徹の素顔を紹介する写真展を開催しています。    

先生は、野山を駆け巡ったわんぱく少年時代からふるさとの自然や友への思いは深く、

作曲家として名を成してからも日光市に仕事場を設けて、内弟子と起居を共にする日々を

送り、晩年まで旧友たちとの交流を続けていました。

幼少の頃の博郎少年は、後に大作曲家として開花する音楽以外にも、その多才ぶりを見せていて、

成績も優秀、クラスのリーダー的存在だったと友人たちは語ります。

写真展では、地元塩谷町の旧友たちを中心に結成されている「船村徹ふるさと会」提供の写真を含め、

テレビ、新聞などでは見えない「素顔の船村徹」を紹介。先生ご本人が大事に保管していた、

国民学校時代の絵画、答案用紙、製図などの貴重な実物が初公開されています。


                   記

  ■期間:平成30年10月5日(金)より

             【1期】10月5日(金)~11月5日(月)

             【2期】11月7日~12月24日(月・振休)

            9:00~17:00(入館は16:30まで)入館料のみで観覧できます。

  ■会場:日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館3F 光と風のギャラリー

     〒321-1261日光市今市719 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 ☎0288-25-7771     

            入館料:大人¥540 小人¥320(火曜日定休)

               ※詳細は記念館ホームページへ

    ー 平成30年度 星野哲郎記念館 企画展 ー

■会期:平成30年7月19日(木)~ 平成31年2月26日(火)

■会場:星野哲郎記念館

 〒742-2512 山口県大島郡周防大島町大字平野417-11 TEL&FAX:0820-78-0365         

船村先生と星野哲郎先生の出会いは昭和32年、盟友の作詞家高野公男さんが26歳の若さで亡くなった翌年のことでした。

横浜市が開港100年を記念して一般から作詞を募り、優秀作品に船村徹作曲・美空ひばり歌唱でレコードを作成するというもので、見事最優秀賞・優秀賞に選ばれたのは、山口県周防大島在住の無名の詩人、のちの星野哲郎先生でした。この時の審査員が船村先生だったのです。            

これをきっかけに星野先生は上京して作詞家生活へ。以来長きにわたって、二人は日本の歌謡史に残る数多くのヒット曲を生み出してきました。

船村先生にとって、作詞家高野公男さんが船村徹の作曲家としての原点であるならば、 星野先生は「作曲家船村徹の不動の地位を確立させた作詞家」と言えるかも知れません。

星野哲郎記念館では、このビッグなコンビの偉業やエピソードを、たくさんの展示資料と共に紹介する    「演歌巡礼~同行二人(どうぎょうににん)」が現在開催中です。

星野哲郎記念館は瀬戸内海の素晴らしいロケーションの中にあります。ぜひお揃いでお出かけ下さい。             

詳しくは下記公式サイトで。